日本全国の名城まとめ > お城の観光情報まとめ > 名古屋城 > 名古屋城と一緒に観光したい周辺おすすめスポット

名古屋城と一緒に観光したい周辺おすすめスポット


名古屋市市政資料館では結婚式が挙げられる

名古屋市市政資料館名古屋市市政資料館は1922年(大正11年)に建てられたネオ・バロック様式のレンガ造建築物になります。

とても味のある建物で赤い煉瓦と白の花崗岩で造られ、建物内は中央階段室のステンドグラスや三階の会議室のシャンデリア・カーテン・壁紙・じゅうたんなどの内装やその他の調度品すべてが創建当時のように復元されており、当時の様子がよく伝わってきます。

1979年(昭和54年)まで裁判所として使用されていましたが、1989年(平成元年)からは名古屋市の公文書館、市民の文化利用施設として活躍しています。

また、こちらではその建物の美しさから結婚式を上げることも可能で、素敵な建物の中で記念に写真を撮ったりできるのはとても贅沢な体験ではないでしょうか。

名古屋下水道科学館は子供から大人まで楽しめる

名古屋下水道科学館名古屋城の近くに「下水道科学館」があり、ここには多くの子供たちが水の勉強のために集まります。

子供だけでなく大人でも十分に楽しめるよう様々な体験が出来るようになっています。

中でも「水処理しくみラボ」では自分たちが使い終わった下水がどのようにして綺麗になるのかの流れを知ることが出来たり、今後の水の使い方の参考にもなります。

その他、建物の外側には日本各地のカラーマンホールの展示があり、ここ数年密かにマンホールブームなため、マニアには必見の場所です。

文化のみちは名古屋の魅力が色濃く集まるエリア

文化のみち名古屋城付近には「文化のみち」と名付けられたエリアがあり、主に3つのエリアに分かれています。

距離は短いものの名古屋城散策まで含めれば、一日ではまわりきれないほどボリュームがあります。

①名古屋城・三之丸エリアには、名古屋城・名古屋能楽堂・名古屋市市政資料館などがあり、名古屋の歴史や芸能が楽しめます。
②白壁・主税・橦木エリアには、文化の道橦木館・文化の道二葉館・旧春田鉄次郎邸などがあり、大正時代に活躍した著名人達の生活を見ることが出来ます。
③徳川園エリアには、徳川園・徳川美術館、蓮左文庫・名古屋陶磁器会館などがあり、美しい庭園や数多くの美術品を観覧できます。

勝利亭のミヤビヤ

名古屋で最も古い円頓寺商店街の中にある「勝利亭」は、創業は明治42年で老舗の洋食店です。

店内や店構えもどこか懐かしい雰囲気で訪れると、どこか安心します。

様々な定番人気メニューがありますが、中でもおそらくここでしか食べられないのが「ミヤビヤ」でTV等でも紹介されたことがあります。

デミグラスソースがメインでその中に玉ネギ、しいたけ、チキンまたはエビを炒め煮し、卵を落としたもので一見ハヤシライスっぽいですがそれとは異なり、一度試して欲しい一品です。

北園と南園からなる名城公園

春の名城公園名城公園は名古屋城も含めて大きな公園ですが、一般的に名古屋城の内堀より北側(北園)が名城公園思われていることが多いです。

しかし、行政上の登録では、内堀より南側も名城公園として登録されていて南園とされていますので、北南合わせて一つの公園となっています。

また、公園内は様々な施設や見どころがあります。

南側(南園)は「名古屋城」と 「愛知県体育館」があり、北側(北園)は「オランダ風車」 「愛知県スポーツ会館」「名城庭球場」「名城公園野球場」 「名城公園フラワープラザ」「蓮池、菖蒲池」「名城プール」「藤の回廊」「tonarino」があります。

tonarinoは2017年に出来たばかりで、飲食やコンビニ、ランナー・サイクリストサポート施設が入っています。

名古屋市役所は重厚感感じる建物

名古屋市役所名古屋にある名古屋市役所は1933年に竣工され、長い期間そのままの姿で存在しています。

本庁舎は昭和天皇即位の記念として造られ、「近代的なビルに和風の瓦屋根を載せた日本趣味を基調とした近世式」と言われています。

実際に見てみるととても重厚感があり、現役で使われている市役所とは思えない美術館の様な見ごたえのある建物です。

また、内装も美しく映画やドラマのロケ地としても数多く利用されています。

名古屋テレビ塔は日本夜景遺産

名古屋テレビ塔名古屋テレビ塔は1954年(昭和29年)に完成した電波塔です。

とても美しい姿をした塔で地上100mには展望台があり、名古屋市街や三河湾や知多半島、木曽御嶽山や中央アルプスまで見渡せます。

また、展望台のひとつ上にスカイバルコニーという屋外展望台があり、こちらには窓がなく、風が通り抜けるので大変気持ちいい空間です。

平成20年10月に「恋人の聖地」に認定、平成25年7月12日に日本夜景遺産にも認定されています。

このことから、昼間よりも夜の方が雰囲気がでて更に素敵な空間になっていることが分かります。

那古野神社の社殿では結婚式が挙げられる

名古屋城の御膝元に那古野神社があります。

那古野神社創建は延喜11年(911年)、津島神社を総本社とする天王社のひとつで千年以上の歴史を持ちますが、戦災等で社殿は全て焼失してしまい現在の建物は昭和以降に建て直されたもので、重厚な雰囲気とは少し離れた感じを受ける方も多いそうです。

ですが逆に綺麗な社殿で結婚式が上げられると神前式を希望するカップルには人気があるそうです。

ノリタケの森は陶磁器の体験・見学が楽しめる

ノリタケの森名古屋城近くにある「ノリタケの森」では、陶磁器で有名なノリタケの見学や体験食事や買い物が出来るエリアとなっています。

中でもノリタケミュージアムには、過去の作品から美しい数多くの作品を見ることが出来るため、陶磁器ファン必見の場所です。

体験では実際に絵付をしたりと親子で楽しめます。

また、施設内には入らず森の中を散策するだけでも四季折々の植物に囲まれ気分が癒されます。

トヨタ産業技術記念館は家族で楽しめる社会科見学施設

愛知県を代表する企業と言えば世界の「トヨタ」です。

トヨタ産業技術記念館名古屋市西区則武新町にトヨタ産業技術記念館があり、子供から大人まで楽しむことが出来るハイテクノロジーな社会科見学の施設です。

様々な展示物も大変興味深いのですが、一番人気なのは週末ワークショップ(要・事前申し込み)です。

ここでは「モノづくり体験プログラム」が用意されていて、他ではなかなか体験できない貴重な経験が出来ます。

もし、体験プログラムに参加出来なくても「実演」もかなり面白いので一度訪れてみる価値は大変あります。

スポンサーリンク

関連記事